「海」「土」「森」−自然とのふれあいアルバム

忙しい毎日。でもちょっとだけ自然でのエピソードを読みながら、あの「海の鮮やかな青」「土のにおい」「森の気持ちよさ」思い出してみませんか?

子供と海水浴の思い出

      2018/04/09

自宅から海水浴場が近い事もあり、子供が2人生まれて上の子が2歳の頃から子供を2人連れて毎年夏には、海水浴場に行っていました。

その海水浴場に幼児用のプールも併設されており、安全に子供を遊ばせる事が出来るので海水浴のシーズンには、ほぼ毎日のように通っていました。

子供が男の2人で、年も2歳違いで家にいると遊ばせるのが大変で最初は子供を海で遊ばせて昼寝をさせるのが目的でした。

しかし子供を海に連れて行くようになり、子供の海で喜ぶ姿が嬉しくなりその笑顔が見たくって海に連れて行くようになりました。

子供の方も夏になると海に、行くのが当たり前と思うようになり海に行くのを楽しみにしていました。

海の幼児用のプールだけはなく、砂浜も子供にとっては貝があったりカニがいたりして、まるで宝の山のように砂浜も喜んでいました。

近所に公園がなく、砂に触れる機会もなかったので、海で初めて子供は砂に触れました。

砂浜では、うちの子供と同じように砂浜で遊んでお城を作っている子供もいて、そういえば自分も子供の頃に砂でお城を作った事を思い出しました。

人気のある海水浴場だったので、多くの人が泳ぎに来ており、我が家のように毎日のように来ている、同じ年頃の子供を連れて来ている家族もいて、友達になったりもしました。

子供が幼稚園に入園するまでは、海では幼児用プールと砂浜でしか遊ばせませんでしたが、幼稚園に入園してからは海でも泳がすようになりました。

海に入る時には、私も一緒に入って浮き輪の中に子供を入れて遊ばせましたが、初めて海の中に入れた時に、海の波を感じて子供は大興奮していました。

海水浴に夏になると、連れて行くのは子供が小学校低学年になるまで毎年続けましたが、子供の満面の笑みを見る事が出来た海水浴の思い出は、私にとっては本当に幸福な時間でした。

海が近かった事で、子供を夏には海水浴に連れて行く事が出来たおかげで、子供との海の思い出が尽きないぐらいあります。

 - 未分類