「海」「土」「森」−自然とのふれあいアルバム

忙しい毎日。でもちょっとだけ自然でのエピソードを読みながら、あの「海の鮮やかな青」「土のにおい」「森の気持ちよさ」思い出してみませんか?

大人も子供も大興奮!天草でのイルカウォッチング

   

子供達の夏休みを利用して、兄家族と妹家族そして私たち家族の3家族という大所帯で熊本へ旅行に行きました。

 

温泉と美味しい食べ物を満喫できた楽しい旅行になりましたが、中でも一番の思い出は天草市で体験したイルカウォッチングです。

 
以前から天草市のイルカウォッチングがすごいという噂は聞いたことがあったので、今回の熊本旅行では是非訪れたいと思い、事前にインターネットで予約をしておきました。

 

当日の朝、クルージングの出発地点である港へ到着して受付を済ませると、漁船のような小型船に案内されました。

 

大所帯だったせいか、その船には私たちだけという貸切状態にして下さったみたいです。

 

大型のものから小型のクルージング船までたくさんの船があって、それぞれに大勢の人が乗り込んでいます。

 

ライフジャケットを着て船に乗り込んだ時点から子供達は大喜びです。

 

船は順番に出発し、5分か10分かけて沖合に出て停まったかと思うと、船長さんが無線で何やらやり取りをし、周りの船も一緒になって再びスピードを上げて走り始めました。

 

海の上をスピードを出して走る船に乗っているだけで、とても気持ち良くて楽しいのですが、船がスピードを落とした瞬間、そこには10頭ほどのイルカの群れが泳いでいました。

 

もう大人も子供も大興奮です。

 

ゆっくり走る船の周りをイルカ達も一緒に泳ぎます。

 

小さな船だったので海面が近く、イルカはすぐ横を泳いでいる感じです。

 

目の前で見るイルカは思ったより大きくて肌は黒々と光っています。中には子供と思われる小さなイルカもいます。

 

皆声を上げて喜んでイルカ達に見とれました。しばらくするとイルカ達は海の中に潜ってどこかへ行ってしまいました。

 

しかしまた再び船長さんが無線でやり取りして船のスピードを上げて走ります。

 

何隻かの船が一斉にイルカめがけて走っていくのはちょっと迫力です。そして再び出会ったイルカの群れはさっきと同じように船の周りを楽しそうに泳ぎます。どうやらこれはイルカにとっても遊びなんだなと感じました。
聞くとこのイルカ達、この付近の海で1年を通して暮らしていて、餌付けしている訳でもないのにこうやってほぼ毎日出会えるそうです。

 

「出会える確率は99%」と明るい笑顔の船長さんでした。1時間ほどのイルカウォッチングを終えて港に戻ってからも、イルカに出会えた興奮はしばらく続きました。

 

普段は家で主婦をしていますが、家事・子育て・在宅ワーク(主婦ですがこんなことをしています)で家から普段でない分、この熊本でのイルカウォッチングは本当に皆大感激の体験でした。

 - , , , ,